先生、足の長さが違いますか?

とまだ聞かれる

 

僕が整体始めたころ(25年前)は

下肢長(足の長さ)を目安にすることがあったし

施術後の説明にも使っていた時期があるが

今は検査にも歪みの目安にも説明にも使わない

 

それはなぜか?

一言でいうと正確ではないから

 

僕がやっている講座でも

足の長さのことは言わないし

ビフォーアフターに使ってはダメよと教えている

足なんて右が短いかな?と思えば短く見えるし

そろったかなと思えばそろって見える

曖昧に過ぎる、それが足の長さ

 

足の長さを骨盤や体のゆがみの

基準にしているところがいまだに多いのか?

昔の常識は今も常識なのか?

自分の基準として使うのは

好きにすればいいと思うが

患者さんの説明に使ったり

写真で見せたり

HPやブログに掲載したり・・・・・

僕もそれくらい堂々と

あることないこと言ってみたい笑

 

I LOVE YOU DEEP TOKYO!

 

東京都足立区伊興3-18-20茂木ビル2F
竹ノ塚駅西口徒歩5分
03-3898-0740
整体・骨盤矯正 からだ工房

2a1c4446-s