コンソメパンチとカプリコを頬張りながら笑

ネットを眺めているとある言葉が目に入る

 

「よわつよさ」

味がある言葉ですよね

 

若いころの僕にとって

強さは1番手に入れたいもので憧れだった

弱さは憎むべきものでしかなかった

毎日強くありたいと思いながら

意地を張って過ごしていたのを思い出す

 

今になってみると

相変わらず強さには憧れがあり

手に入れたいものであることに変わりがないが

弱さというものに対して

自分にも人にも寛容になった気がする笑

弱さというものに人の本質というか・・・

人らしさを感じるようになった

 

強さと弱さは人にとって

表裏でニコイチでその人らしさ

 

強いだけではさびしい

弱いだけでは苦しい

 

どうせなら強さと弱さを持て余す

そんな風に僕はなりたい

 

みなさまはどんな塩梅が理想ですか??

FullSizeRender