全国のプロが習得にくるオリジナルの骨盤矯正。産後の方はもちろん、下半身の太さ、お尻、ウエスト、背中のラインのシェイプなどに効果的です。竹ノ塚駅徒歩5分

骨盤のおはなし

骨盤ってなに?

まずは簡単にですが骨盤について解説していきます

骨盤というのは左右の腸骨、真ん中の仙骨、前の恥骨、それを称して骨盤といいます。

そして骨盤は強力な靭帯の支持を受けているため簡単には動きません。押しても1ミリ程度の可動域しかありません。ということは骨盤が何センチもずれるなんてことはないんですね。

a13

正常な骨盤は後ろの腰骨が水平

後ろの腰骨と坐骨を線で結ぶとまっすぐな状態です

写真は骨ですがこれに靭帯、筋肉などがついています

 

 

骨盤はなぜゆがむのか?

 

骨盤がゆがんでしまうのは以下の理由が考えられます

  • 横座り、両足を外に出す座り方
  • 立ち方・歩き方のクセ
  • 足を組む
  • 片足重心で立つ
  • 猫背、反り腰
  • ヒールの高い履物をよく履く
  • 妊娠、出産

女性特有の生活習慣というのがあります。特に立ち方、座り方。何年、何十年という長期間にわたってそれらをやっています。プラス妊娠、出産でさらに負担がかかり歪みます。骨盤の歪みというのは女性特有の習慣から引き起こされてるものがほとんどです
先ほど言いましたが骨盤というのは短期間でゆがむものではないのですがさすがに長期間の悪習慣が続くとゆがみます。
骨盤が大きくゆがんで見えるのは骨盤のみのゆがみではなく、カラダ全体を見たときに骨盤部分が大きくゆがんで見える・・・・・そう結果なんですね。

大事なことは骨盤以外のゆがみをきちんと見ておくことが大事です

骨盤のゆがみ方(多く見られる4パターンです)

そもそも骨盤とはどんな風にゆがむものなんでしょうか?実際お分かりになっている方は少ないのではないでしょか?下に写真つきで解説していますのでちょっとイメージしてみてください

a14

①左右互い違いになる

このパターンが1番多いパターンです

女性の場合このパターンに複合して骨盤がゆがみます

 

 

a15

②片側が開くパターン(坐骨が外に開く感じ)

横座り、片足重心で立つ方に多い状態です

後ろから見ると左右どちらかに腰が振っているように見えます

 

 

③両側に開くパターン

両側に足を出してお尻を落として座る方に多いパターンです

O脚の方に多いです

つま先が両方内側を向いているのも特徴です

股関節が横に張り出して見えるのも特徴の1つです

 

a17

④骨盤が前傾しているパターン

特に女性に多いです。反り腰の方はこのパターンです

産後のお母さん、胸が反っている人、

ヒールの高い靴をはいている人に多いのも特徴です

 

これがすべてではないですがこの4つが代表的なパターンです。1つのみという人は少なく、混ざり合った方が多いですね。

代表的なパターンは③プラス④のような感じで立体的にゆがんでいます。このパターンはO脚、反り腰の方に多いパターンです

骨盤は人間の真ん中にあります。その真ん中が歪むと結果的に上半身、下半身も歪んでしまいます。骨格だけではなく筋肉なども前後左右にアンバランスな状態となります

.

 

PAGETOP