全国のプロが習得にくるオリジナルの骨盤矯正。産後の方はもちろん、下半身の太さ、お尻、ウエスト、背中のラインのシェイプなどに効果的です。竹ノ塚駅徒歩5分

産後の骨盤について

妊娠中はお腹が大きくなり前と横に大きく膨らみます。筋肉、脂肪、皮膚はそれに伴って伸びますが、骨盤は骨の形が決まっていいて靭帯に強力保護されていますので大きくなったりしませんが長期間大きな圧力を受けるイラストのような形になります。

emb_fetus

 

写真は毛カニですが(笑)こんな感じに左右からしっかりゴム(靭帯)で締め付けられている状態が正常です。

pic_kegani_l

妊娠後期には出産がしやすいようにホルモンが分泌され骨盤の靭帯が緩みます。また閉まってくるのですが骨盤の靭帯がもとの状態に戻りきらない方が多いのが現状です

 

骨盤が開いたと言う方が多いですが、骨盤が無制限に開くということはありえません。骨盤周辺の靭帯や筋肉や関節、お腹など全体の変化があり結果的に骨盤が開いて見えるようになります

骨盤が緩んだ状態が戻りきらない場合、尿漏れや産後激しい腰痛を訴える方も多くいます

 

産後の骨盤矯正がなぜ必要なのか?

妊娠中はお腹が大きくなるにつれてお腹が前に出てきます。腰が反っている状態ですね。前傾が強くなればなるほど骨盤は外に引っ張られるようになります。産後もこの姿勢のままの方が非常に多いです。産後は骨盤を締めている靭帯もそうですが骨盤の中にある筋肉も緩んでいる状態になります。産後みなさんベルトなんかをしますよね?

産後というのは育児が最優先となり睡眠が不足し自分の身体をゆっくり休めることができません。休めないということは身体にとって非常に負担となり消耗します。結果として体型は戻りにくくなり体調もすぐれないということになります

産後に骨盤矯正を受けることによって産後に変わってしまった体型を戻りやすくすることや体調の改善、長い目で見ると2人目不妊の予防になると思います

 

産後、どれくらいの時期からはじめるのが有効か?

これも諸説あり各サロンによってまちまちです。当院では骨盤の靭帯や身体が妊娠前の状態に戻ろうとするのが産後2ヶ月くらいからと言われています。身体が元の状態に戻るという流れに乗ることでより多くの効果が期待できます

当院では産後2ヶ月くらいからのケアをおすすめしています

2か月過ぎてももちろん大丈夫です。しっかり効果は出ますのでご自身のタイミングでご相談ください

PAGETOP